ゴルフ バックスピン かけ方

簡単!ゴルフにおけるバックスピンのかけ方とは!

ゴルフにおいてバックスピンがかかったボールを打つためには、コツを押さえて練習をするだけなので比較的簡単です。そのため、バックスピンのかけ方を知らずにスコアを落としてしまっている方は、なるべく早く覚えるようにすることを推奨します。

 

バックスピンをかけることを必要とする場面の一つに、カップ付近のコントロールショットが挙げられます。プロのプレーを見ていると、カップを通り過ぎたボールが再びカップに向かって戻っていくような光景がよく見られます。

 

あれはまさにボールにバックスピンかけたことの証です。あのようなショットはプロだけでなく、アマチュアの方も理想としているため、皆習得しようと熱心に練習に励んでいます。

ウェッジを使ってバックスピンをかけよう!

先ほどはプロがカップ付近でコントロールショットをすることについてを説明しましたが、あのような場面で使用されるクラブはウェッジです。ウェッジを使用してバックスピンをかけるのは、ドライバーやアイアンを使用する時と比べても難しいとされています。

 

そのため、ベテランのアマチュアの方でも習得に苦戦していること現状です。ですので、今回はウェッジを使ってバックスピンをかけるための練習方法についてをお話しします。

意識するポイントって?

ウェッジを使ってバックスピンをかけるための練習をする際には、以下のポイントを意識します。

  • スタンス
  • ボールの位置
  • 目指す方向

まず、スタンスについてです。ウェッジでバックスピンをかけるには、スタンスはオープンにしておく必要があります。スタンスをオープンにすることで、腰を回転させやすくなるため、スイングに制限がかかる度合いを少なくできます。そのため、練習の際にはオープンのスタンスを常に心がけるようにするといいでしょう。

 

次に、ボールの位置についてです。ウェッジを使ったコントロールショットでは、ダウンスイングの時の最下点の少し手前でボールを捉えるようにする必要があります。ヘッド部分が上昇傾向にある時にボールを捉えてしまうと、ボールが飛びすぎてしまったり、バックスピンがかかりにくくなってしまったりします。

 

そのため、練習の時にはどこが最下点になるのかを意識すようにしてスイングすることが大切となります。

 

最後に、目指す方向についてです。バックスピンをかけるコントロールショットの場合、グリーン上で大きなカーブを描くわけではなく、直線上で逆戻りするような形になります。そのため、基本的にはカップを目指して真っすぐの方向を意識するようにすることが重要です。

 

シニアに人気の飛ぶゴルフドライバーランキング!

関連ページ

実力向上!ドライバーで飛距離を出すための練習方法!
ドライバーショットでは、スイングに工夫を加えた練習法によって結果を出すことができるようになります。なぜなら、ドライバーショットで結果を出すポイントはスイングにあるからです。そのため、良いスイングが実現できるように繰り返し確認しながら練習することが適切です。
アイアンの練習方法をマスターしてゴルフを楽しもう!
アイアンを使って練習するにあたっては、通常より少し短めに握って練習するようにするだけで上達が見込めます。なぜなら、クラブを短く持つことによって、安定したショットとなるからです。ただし、短く握りすぎても良いショットにはならないため、その辺りのコツを理解しておく必要があります。
ゴルフのフィニッシュ!パターの練習方法とは!
パターの練習方法はいくつかあり、有力とされる練習方法の一つに、カップを意識することが挙げられます。カップを意識することによって、徐々にボールとカップとの距離を感覚として掴むことができるようになるからです。しかし、カップを見ながらのスイングだとボールに上手くクラブが当たらないと判断し、ボールのみに集中してパッティングしてしまうケースがあります。
ゴルフウェッジを使ったアプローチの練習方法とは!
アプローチの練習では、ショットする際の構えを意識するようにすると上達していきます。なぜなら、アプローチショットに適した構えというものは決まっているからです。構えが間違っていると、理想的なアプローチショットができる可能性は極端に低くなってしまいます。
ゴルフでドローボールを打つための練習方法とは!
ドローボールを適切に放つには、パワーとテクニックが必要になります。そもそも、ドローボールとは回転によってボールが右から左へ大きく曲がるような軌道を描くことであり、ドライバーショットでこのドローボールが打てれば相当な飛距離が期待できます。
ゴルフでフェードボールを打つための練習方法とは!
フェードボールを打つためには、構えとスイングの両方を意識した練習を重ねる必要があります。フェードボールやドローボールのような回転が強くかかったボールを打つためには、一筋縄ではいかないからです。そのため、経験を重ねた中級者から上級者向けの技ということになります。
ゴルフでロブショットが打てるようになるための練習方法とは!
ゴルフでロブショットの練習をする際には、スイングとボールのポジションを調整するようにすると効果的とされています。通常、ロブショットを必要とする場面は、バンカーやラフ等、不都合な位置にボールが流れてしまった時に限られています。