ゴルフ ドローボール 練習方法

ゴルフでドローボールを打つための練習方法とは!

ドローボールを適切に放つには、パワーとテクニックが必要になります。そもそも、ドローボールとは回転によってボールが右から左へ大きく曲がるような軌道を描くことであり、ドライバーショットでこのドローボールが打てれば相当な飛距離が期待できます。

 

それだけに、プロですらミスが出るほどの難しいショットになってきます。プロでもミスしてしまうのですから、アマチュアや初心者の方がミスしてしまうのは当然と言えます。そのため、ドローボールの練習は、ある程度基本のショットをマスターした上で行う必要があるということです。

ドローボールで勝利を掴むために!

先ほどは、ドローボールを放つことに対する難しさについてを説明しましたが、逆にこのドローボールを放つためのスイングや体の使い方を完ぺきに覚えてしまえば、相当なスコアの向上を見込むことができますし、飛距離の伸び悩みに直面している方の問題も解決することができます。

 

そのため、今回は、どのような練習をしていけばドローボールを放つことができるのかと言う点に重きをおいて説明していきます。

ドローボールにおけるポイント

  • 回転量
  • スイング
  • クラブ

まず、回転量についてです。通常、ショットの際には、ボールに回転がかかります。全くの無回転でボールが飛んでいくということは基本的にはありません。このボールにかかる回転の度合いによって、ボールの飛距離や方向が大きく変わってくるのです。

 

ドローボールは右から左へ大きく曲がるボールですので、バックスピンをやや左からかけるように意識して練習することで、ドローボールの習得に近づいていきます。

 

次に、スイングについてです。ドローボールを打つためのポイントは、インサイドアウトでスイングする際に、左の脇を閉めることです。そうすることによって、ドローボールになりやすくなります。このようなスイングで安定したショットを実現できるようになるまでには一定以上の練習を重ねる必要があるため、練習場で繰り返しショットすることが大切です。

 

最後に、クラブについてです。練習の際に使用するクラブによっても、ドローボールの打ちやすさが変わってきます。一般的には、フェースについてはストレートタイプを選択し、多角形型のヘッドのクラブを選択するとドローボールが打ちやすくなるとされています。

 

そのため、なかなかドローボールが打てないと感じている方は、クラブを変更して練習してみることが推奨されます。

 

シニアに人気の飛ぶゴルフドライバーランキング!

関連ページ

実力向上!ドライバーで飛距離を出すための練習方法!
ドライバーショットでは、スイングに工夫を加えた練習法によって結果を出すことができるようになります。なぜなら、ドライバーショットで結果を出すポイントはスイングにあるからです。そのため、良いスイングが実現できるように繰り返し確認しながら練習することが適切です。
アイアンの練習方法をマスターしてゴルフを楽しもう!
アイアンを使って練習するにあたっては、通常より少し短めに握って練習するようにするだけで上達が見込めます。なぜなら、クラブを短く持つことによって、安定したショットとなるからです。ただし、短く握りすぎても良いショットにはならないため、その辺りのコツを理解しておく必要があります。
ゴルフのフィニッシュ!パターの練習方法とは!
パターの練習方法はいくつかあり、有力とされる練習方法の一つに、カップを意識することが挙げられます。カップを意識することによって、徐々にボールとカップとの距離を感覚として掴むことができるようになるからです。しかし、カップを見ながらのスイングだとボールに上手くクラブが当たらないと判断し、ボールのみに集中してパッティングしてしまうケースがあります。
ゴルフウェッジを使ったアプローチの練習方法とは!
アプローチの練習では、ショットする際の構えを意識するようにすると上達していきます。なぜなら、アプローチショットに適した構えというものは決まっているからです。構えが間違っていると、理想的なアプローチショットができる可能性は極端に低くなってしまいます。
ゴルフでフェードボールを打つための練習方法とは!
フェードボールを打つためには、構えとスイングの両方を意識した練習を重ねる必要があります。フェードボールやドローボールのような回転が強くかかったボールを打つためには、一筋縄ではいかないからです。そのため、経験を重ねた中級者から上級者向けの技ということになります。
簡単!ゴルフにおけるバックスピンのかけ方とは!
ゴルフにおいてバックスピンがかかったボールを打つためには、コツを押さえて練習をするだけなので比較的簡単です。そのため、バックスピンのかけ方を知らずにスコアを落としてしまっている方は、なるべく早く覚えるようにすることを推奨します。
ゴルフでロブショットが打てるようになるための練習方法とは!
ゴルフでロブショットの練習をする際には、スイングとボールのポジションを調整するようにすると効果的とされています。通常、ロブショットを必要とする場面は、バンカーやラフ等、不都合な位置にボールが流れてしまった時に限られています。