ゴルフ アイアン 練習方法

アイアンの練習方法をマスターしてゴルフを楽しもう!

アイアンを使って練習するにあたっては、通常より少し短めに握って練習するようにするだけで上達が見込めます。なぜなら、クラブを短く持つことによって、安定したショットとなるからです。ただし、短く握りすぎても良いショットにはならないため、その辺りのコツを理解しておく必要があります。

 

そのため、今回は、どのような練習方法でアイアンショットを安定させていけばいいのかと言う点についてを説明していきます。

アイアンで練習するときのポイントとは!

アイアンを使っての練習法はドライバーの時と同じようなものだと認識している方もいますが、それでは実践で失敗する可能性が高まります。なぜなら、ドライバーショットとアイアンショットでは、状況が全く違うからです。

 

ドライバーショットは基本的にティーの上にあるボールをその対象とするのに対し、アイアンショットはグリーン上にあるボールをその対象にします。そのため、スイングするにあたってのポイントがそもそも違うのです。

 

アイアンを使って練習をする際は、通常よりも指一本分ほど短く握るようにすることで、一定以上の上達が見込めます。アマチュアの方は、クラブを長く握った方が遠心力を使ってより遠くへボールを飛ばせるのではないかと判断し、長めに握ってしまうケースがあります。

 

しかし、クラブを長めに握ると、ボールとクラブとの距離感がつかめなくなり、ダフリなどのミスショットにつながってしまいます。そのため、極端に短く握るのでは逆効果になりますが、指一本分ほど短く握るという工夫は必要になってくるのです。

 

では、具体的にクラブを短く握ることの利点を挙げていきます。

  • インパクト時のクラブの角度が安定する
  • フェースを調整しやすくなる
  • ミート率が上がる

インパクト時のクラブの角度は、打ちだし角と言われるものであり、どの程度の角度でインパクトするのかによって、ボールの弾道が全く異なってきます。

 

また、フェースとは、クラブのヘッドの向きのことです。フェースもその程度によってボールにかかる回転量が異なってくるため、飛距離にも大きく影響します。回転量がなさ過ぎても、逆にかかりすぎても飛距離は伸びていかないのです。

 

最後に、ミート率とは、ボールにクラブをどれくらい効率よく当てることができたのかと言う指標ことです。このミート率が高ければ高いほど、より安定した起動を描いてボールが勢いよく飛んできます。

 

これらの3つの利点が得られることから、クラブを短く握って練習することの効果は大きいということです。

 

シニアに人気の飛ぶゴルフドライバーランキング!

関連ページ

実力向上!ドライバーで飛距離を出すための練習方法!
ドライバーショットでは、スイングに工夫を加えた練習法によって結果を出すことができるようになります。なぜなら、ドライバーショットで結果を出すポイントはスイングにあるからです。そのため、良いスイングが実現できるように繰り返し確認しながら練習することが適切です。
ゴルフのフィニッシュ!パターの練習方法とは!
パターの練習方法はいくつかあり、有力とされる練習方法の一つに、カップを意識することが挙げられます。カップを意識することによって、徐々にボールとカップとの距離を感覚として掴むことができるようになるからです。しかし、カップを見ながらのスイングだとボールに上手くクラブが当たらないと判断し、ボールのみに集中してパッティングしてしまうケースがあります。
ゴルフウェッジを使ったアプローチの練習方法とは!
アプローチの練習では、ショットする際の構えを意識するようにすると上達していきます。なぜなら、アプローチショットに適した構えというものは決まっているからです。構えが間違っていると、理想的なアプローチショットができる可能性は極端に低くなってしまいます。
ゴルフでドローボールを打つための練習方法とは!
ドローボールを適切に放つには、パワーとテクニックが必要になります。そもそも、ドローボールとは回転によってボールが右から左へ大きく曲がるような軌道を描くことであり、ドライバーショットでこのドローボールが打てれば相当な飛距離が期待できます。
ゴルフでフェードボールを打つための練習方法とは!
フェードボールを打つためには、構えとスイングの両方を意識した練習を重ねる必要があります。フェードボールやドローボールのような回転が強くかかったボールを打つためには、一筋縄ではいかないからです。そのため、経験を重ねた中級者から上級者向けの技ということになります。
簡単!ゴルフにおけるバックスピンのかけ方とは!
ゴルフにおいてバックスピンがかかったボールを打つためには、コツを押さえて練習をするだけなので比較的簡単です。そのため、バックスピンのかけ方を知らずにスコアを落としてしまっている方は、なるべく早く覚えるようにすることを推奨します。
ゴルフでロブショットが打てるようになるための練習方法とは!
ゴルフでロブショットの練習をする際には、スイングとボールのポジションを調整するようにすると効果的とされています。通常、ロブショットを必要とする場面は、バンカーやラフ等、不都合な位置にボールが流れてしまった時に限られています。