ゴルフ 飛距離 アップ 筋トレ

ゴルフ上達法!飛距離アップのための筋トレ!

腹斜筋を鍛えることによって飛距離を伸ばすことができます。なぜなら、ゴルフでは体を捻る動作が多いからです。ゴルフの熟練者であっても50代に入ってくると、ジョギング等の足腰を使うトレーニングや、ダンベルを上げるような負荷がかかりやすい筋トレはやりにくくなってきます。

 

また、50代に入っても若い頃と同様の激しいトレーニングを継続していると、そのうち体を痛めてしまい、ゴルフをすることらできなくなります。そのため、体を痛めることなく、気軽にできる筋トレが望ましいということになります。

腹斜筋を鍛えよう!

今回は、腹斜筋の筋トレ法についてを記していきます。腹斜筋を鍛えて力強いスイングができるようになれば、必ず結果に結びつきます。

 

腹斜筋とは、脇腹のあたりにある筋肉のことであり、腹筋とはその位置が全く異なります。ゴルフをする方の中には、一般的な筋トレとされる腹筋運動や背筋運動を重視しているケースがありますが、もっと重要なのはこの腹斜筋なのです。

 

なぜなら、ゴルフでスイングをする際は、体を大きく捻ります。この捻る力の源こそが腹斜筋だからです。年齢の影響で腹斜筋が衰えると、満足のいくショットもできなくなります。しかし、腹斜筋を鍛えることで、落ちた成績も再び向上させることができるのです。

トレーニング方法について

腹斜筋を鍛えるためには、まずは姿勢を正すことが大切です。猫背の状態で生活をしていると、腹斜筋が弱りやすくなってしまうのです。そのため、背筋を伸ばして生活するといいでしょう。まず、自宅でできるような簡単なトレーニング法であるサイドブリッジを下記に記します。

 

・肩肘を床についた状態で横向きになる
      ↓
・肘と踵が直線状にくる形になるように体を持ち上げる
      ↓
・そのままキープする

 

文章で見ると案外簡単そうに見えるサイドブリッジですが、やってみると意外と大変です。しかし、若い方から高齢な方まで、誰でも気軽にできる筋トレがサイドブリッジですので、腹斜筋を鍛えたいということであれば是非ともお勧めします。

 

また、この方法以外でも腹斜筋を鍛えることができるため、多くの手段の中から自分に合ったものを選択したり、複数の方法を組み合わせることで腹斜筋のトレーニングに拍車をかけていくことも有効な手段です。負担の少ないトレーニングであったとしても、継続していくことで必ず効果を見込むことができます。

 

シニアに人気の飛ぶゴルフドライバーランキング!

関連ページ

ゴルフ上達法!正しいグリップを意識して飛距離を伸ばそう!
正しいグリップで練習をすることで飛距離が伸びます。一般的なゴルファーは、年齢を重ねることによって飛距離が伸びなくなってくると、試行錯誤して飛距離を伸ばそうとします。上手い人のグリップをマネして練習するというのも、その試行錯誤の一つです。
ゴルフの負担を減らせる!GPS測定器で手軽に距離を測ろう!
GPS測定器があれば測定の手間が省けます。従来の測定器は、とても大きく、持ち運びの点でも負担が大きいことが難点でした。しかし、正確な飛距離を図り、ゴルフのレベルを確認しながら成長していくためにも、仕方なく大きめで重いタイプの測定器を使っていたという実情があります。
ゴルフで飛距離を伸ばすためのコツとは!
加齢によって飛距離が落ちても、ミート率を上げることによって飛距離を伸ばせます。なぜなら、ゴルフではミートする前後が最も大切だからです。そのため、スイングの理想的な形をつくり、ミート率を上げられるように努めることが重要です。
ゴルフで飛距離を出すためには痩せる必要があるの?
体重が増えても飛距離に影響はありません。むしろ、体重があった方が力強いスイングができるようになります。なぜなら、スイング時の体重移動が大きく飛距離に影響するからです。しかし、太りすぎは問題になります。肥満になると素早いスイングが難しくなりますし、何より健康上の観点から見ても問題になることは明らかです。
ゴルフで飛距離を出すには体重移動が大事!
ゴルフに自信がない女性でも飛距離は伸ばせる!
筋力がない女性の方でも、インサイドアウトを洗練させれば飛距離を伸ばすことができます。なぜなら、飛距離とスイングのフォームには大きな関係性があるからです。また、女性の方だけでなく、飛距離が出なくなったことで悩んでいる男性の方も、インサイドアウトを正せば飛距離の向上が見込めることに加えて、ボールの方向性も正せるようになるのです。
ゴルフ好き必見!飛距離アップの秘訣は基本のスイングにあり!
年を重ねても、スイングを見直せば飛距離はアップしていきます。なぜなら、インパクトの直前の動作が飛距離に直結するからです。しかし、スイングの形を意識しすぎて、スイングがゆっくりになってしまうのでは飛距離は伸びません。そのため、スイングには多くのテクニックが必要なのです。
ゴルフのレッスンを受けて飛距離アップ!
レッスンを受ければ効率よく飛距離を伸ばすことができます。なぜなら、実際に講師の目で、自分のゴルフを確認してもらうことができるからです。プロフェッショナルの目線でアドバイスを受け、その教えに沿って実践することができれば、着実に成長することができます。