ゴルフ GPS 距離

ゴルフの負担を減らせる!GPS測定器で手軽に距離を測ろう!

GPS測定器があれば測定の手間が省けます。従来の測定器は、とても大きく、持ち運びの点でも負担が大きいことが難点でした。しかし、正確な飛距離を図り、ゴルフのレベルを確認しながら成長していくためにも、仕方なく大きめで重いタイプの測定器を使っていたという実情があります。

 

特に、50代と言う年代になると、足や腰に負担がかかってくるため、重量のある測定器を運ぶのは苦労します。また、測定器の持ち運びによって体力を奪われ、肝心のスイングに力が入らなくなるのでは意味がありません。そのため、時代とともに生み出される新しいタイプの測定器を使用していくことで、体にかかる負担を減らしていくことが重要です。

測定器には2種類がある!

測定器の種類は1種類ではありません。GPS測定器とレーザー測定器の2種類に分かれています。それぞれにメリットとデメリットがありますが、現代の測定器としてはGPSタイプが推奨されます。その理由についてを
以下に記していきます。

GPS測定器のメリット

・軽量なため、持ち運びがしやすい
・値段が安い
・グリーンエッジでも測定が可能
・ピンシートの代用として利用できる

GPS測定器のデメリット

・使用方法が複雑
・データ結果と実際の距離に違いが出る
・何度も充電が必要
・ゴルフ場でしか使用できない

レーザー測定器のメリット

・正確に測定ができる
・使用方法が簡単
・日に何度も充電の必要がない
・ゴルフ場以外でも使用できる

レーザー測定器のデメリット

・距離を測る機能しか搭載されていない
・大きめで重い
・見える範囲の距離しか測れない

まとめ

このように、双方の測定器にメリットとデメリットがあるため、どちらを選んだらいいのか一概には言えない
ようにも感じます。しかし、実際に使用すると、GPS測定器の方がはるかに有用であることが分かります。

 

GPS測定器の場合、腕時計タイプのものもあるため、体に身にけられるほど小型です。そのため、持ち運びに余計な体力を使う必要がありません。また、距離を測ること以外の機能が備わっている点に有用性を見出すことができます。

 

例を挙げると、前述したように、ピンシートの代わりとして使用できることです。ピンシートとは、ゴルフ場におけるグリーンの面積や、ピンの位置が示されたものです。これによって、ピンまでどれくらいの距離があるのかを正確に知ることができます。

 

このピンシートと同じ機能が、GPS測定器にも搭載されているというわけです。勿論、すべてのGPS測定機に搭載されているわけではないため、購入の際は前もって調べておく必要があります。

 

シニアに人気の飛ぶゴルフドライバーランキング!

関連ページ

ゴルフ上達法!正しいグリップを意識して飛距離を伸ばそう!
正しいグリップで練習をすることで飛距離が伸びます。一般的なゴルファーは、年齢を重ねることによって飛距離が伸びなくなってくると、試行錯誤して飛距離を伸ばそうとします。上手い人のグリップをマネして練習するというのも、その試行錯誤の一つです。
ゴルフ上達法!飛距離アップのための筋トレ!
腹斜筋を鍛えることによって飛距離を伸ばすことができます。なぜなら、ゴルフでは体を捻る動作が多いからです。ゴルフの熟練者であっても50代に入ってくると、ジョギング等の足腰を使うトレーニングや、ダンベルを上げるような負荷がかかりやすい筋トレはやりにくくなってきます。
ゴルフで飛距離を伸ばすためのコツとは!
加齢によって飛距離が落ちても、ミート率を上げることによって飛距離を伸ばせます。なぜなら、ゴルフではミートする前後が最も大切だからです。そのため、スイングの理想的な形をつくり、ミート率を上げられるように努めることが重要です。
ゴルフで飛距離を出すためには痩せる必要があるの?
体重が増えても飛距離に影響はありません。むしろ、体重があった方が力強いスイングができるようになります。なぜなら、スイング時の体重移動が大きく飛距離に影響するからです。しかし、太りすぎは問題になります。肥満になると素早いスイングが難しくなりますし、何より健康上の観点から見ても問題になることは明らかです。
ゴルフで飛距離を出すには体重移動が大事!
ゴルフに自信がない女性でも飛距離は伸ばせる!
筋力がない女性の方でも、インサイドアウトを洗練させれば飛距離を伸ばすことができます。なぜなら、飛距離とスイングのフォームには大きな関係性があるからです。また、女性の方だけでなく、飛距離が出なくなったことで悩んでいる男性の方も、インサイドアウトを正せば飛距離の向上が見込めることに加えて、ボールの方向性も正せるようになるのです。
ゴルフ好き必見!飛距離アップの秘訣は基本のスイングにあり!
年を重ねても、スイングを見直せば飛距離はアップしていきます。なぜなら、インパクトの直前の動作が飛距離に直結するからです。しかし、スイングの形を意識しすぎて、スイングがゆっくりになってしまうのでは飛距離は伸びません。そのため、スイングには多くのテクニックが必要なのです。
ゴルフのレッスンを受けて飛距離アップ!
レッスンを受ければ効率よく飛距離を伸ばすことができます。なぜなら、実際に講師の目で、自分のゴルフを確認してもらうことができるからです。プロフェッショナルの目線でアドバイスを受け、その教えに沿って実践することができれば、着実に成長することができます。