ゴルフ 上達 飛距離

ゴルフ上達法!正しいグリップを意識して飛距離を伸ばそう!

正しいグリップで練習をすることで飛距離が伸びます。一般的なゴルファーは、年齢を重ねることによって飛距離が伸びなくなってくると、試行錯誤して飛距離を伸ばそうとします。上手い人のグリップをマネして練習するというのも、その試行錯誤の一つです。

 

しかし、人によって手の長さや体格が違うため、他の人のグリップをまねして練習しても、成績が向上しないどころか、飛距離が低下してしまうことになりかねません。さらに、自分に合わないグリップに変えて練習をするようなることで、手首を痛めたり筋肉痛になったりと、健康上の害をもたらす結果になる可能性すらあるのです。

グリップの種類は色々!

大切なことは、成績が下降しだしたからと言って焦せるのではなく、基本のグリップを見直すことなのです。そのため、今回はどのようなグリップを理想として練習するのがベストなのかと言う点にスポットを当てて説明していきます。

 

ゴルフにおけるグリップの種類は一つではありません。多くの人のニーズに応えるため、幅広い種類のグリップが開発されています。そのため、どのようなグリップの硬さや重さが適正となるのかは、人によって変わってくるのです。では、どのグリップがどういった人々に適しているのでしょうか。

グリップの硬さに注目しよう!

グリップには、硬いグリップと柔らかいグリップとがあります。それぞれに特徴があるため、自分の体格を意識して、正しいグリップ選択しなければなりません。

 

まず、硬いグリップの特徴として、握り具合の差があります。握る際の手ごたえが違うため、強靭な握力を持っている人の場合は、扱いやすいと感じます。

 

それに対し、柔らかいソフトグリップの場合、握力がそれほどない場合でも扱えるため、主に女性の方に向い
ているグリップということになります。

グリップの重さに注目しよう!

軽いグリップを使って練習をすることによって、飛距離を伸ばすことができます。なぜなら、ヘッドが返しやすくなるからです。ただし、グリップを軽くしすぎても、操作性の観点から成績が下降する恐れがあるため、軽すぎない程度のグリップを選択するのがベストです。

 

このように、グリップの着眼点を少し変えるだけで、飛躍的に飛距離を向上させることができるようになります。そのため、自分に合わないグリップで何度も練習するのではなく、まずはグリップを見直したうえで、練習を重ねることが大切なのです。

 

シニアに人気の飛ぶゴルフドライバーランキング!

関連ページ

ゴルフの負担を減らせる!GPS測定器で手軽に距離を測ろう!
GPS測定器があれば測定の手間が省けます。従来の測定器は、とても大きく、持ち運びの点でも負担が大きいことが難点でした。しかし、正確な飛距離を図り、ゴルフのレベルを確認しながら成長していくためにも、仕方なく大きめで重いタイプの測定器を使っていたという実情があります。
ゴルフ上達法!飛距離アップのための筋トレ!
腹斜筋を鍛えることによって飛距離を伸ばすことができます。なぜなら、ゴルフでは体を捻る動作が多いからです。ゴルフの熟練者であっても50代に入ってくると、ジョギング等の足腰を使うトレーニングや、ダンベルを上げるような負荷がかかりやすい筋トレはやりにくくなってきます。
ゴルフで飛距離を伸ばすためのコツとは!
加齢によって飛距離が落ちても、ミート率を上げることによって飛距離を伸ばせます。なぜなら、ゴルフではミートする前後が最も大切だからです。そのため、スイングの理想的な形をつくり、ミート率を上げられるように努めることが重要です。
ゴルフで飛距離を出すためには痩せる必要があるの?
体重が増えても飛距離に影響はありません。むしろ、体重があった方が力強いスイングができるようになります。なぜなら、スイング時の体重移動が大きく飛距離に影響するからです。しかし、太りすぎは問題になります。肥満になると素早いスイングが難しくなりますし、何より健康上の観点から見ても問題になることは明らかです。
ゴルフで飛距離を出すには体重移動が大事!
ゴルフに自信がない女性でも飛距離は伸ばせる!
筋力がない女性の方でも、インサイドアウトを洗練させれば飛距離を伸ばすことができます。なぜなら、飛距離とスイングのフォームには大きな関係性があるからです。また、女性の方だけでなく、飛距離が出なくなったことで悩んでいる男性の方も、インサイドアウトを正せば飛距離の向上が見込めることに加えて、ボールの方向性も正せるようになるのです。
ゴルフ好き必見!飛距離アップの秘訣は基本のスイングにあり!
年を重ねても、スイングを見直せば飛距離はアップしていきます。なぜなら、インパクトの直前の動作が飛距離に直結するからです。しかし、スイングの形を意識しすぎて、スイングがゆっくりになってしまうのでは飛距離は伸びません。そのため、スイングには多くのテクニックが必要なのです。
ゴルフのレッスンを受けて飛距離アップ!
レッスンを受ければ効率よく飛距離を伸ばすことができます。なぜなら、実際に講師の目で、自分のゴルフを確認してもらうことができるからです。プロフェッショナルの目線でアドバイスを受け、その教えに沿って実践することができれば、着実に成長することができます。