人気 飛ぶ ゴルフ ドライバー ランキング

年齢を重ねて飛距離が出なくなっていませんか?

噂の高反発ドライバーなら無理なく飛距離を出すことができます!

 

ゴルフは年齢を重ねるとパワーが落ちて飛距離が出なくなり、スコアもどんどん悪くなります。少しでも飛距離を出したいと思い、無理してトレーニングして身体を壊すこともあります。

 

「できれば無理なく今より30ヤードでいいから飛距離を伸ばしたい」こんな風に思ったことはありませんか?

  • 若い頃に比べて飛距離が落ちてきてどうにかしたい
  • 飛距離が出なくなってゴルフが面白くなくなってきた
  • 女性と同じくらいの飛距離なので負けたくない
  • そもそも飛ばし方が分からない
  • 少しでも飛距離がでるドライバーが欲しい
  • 今より30ヤードでいいから飛ばしたい
  • ヘッドスピードは落ちたけどまだまだ飛ばしたい
  • ドライバーで200ヤード飛ばなくなった
  • 球が上がらなくなったので飛距離がでない
  • ドライバーで打つと力負けしているような感じがする
  • ドライバでどうしても振り遅れてしまう

上記のような悩みをもっているあなたは今すぐにドライバーを変えてみましょう。今シニア層に流行の高反発ゴルフドライバーを使えば、上記の悩みはすべて解決できるかもしれません。

高反発ゴルフドライバーがおすすめの理由

高反発とはその名の通り、通常のクラブとは違って反発力が高いため、ボールがより遠くへ飛ぶように設計されています。そのせいか、現在は競技ゴルフで使うことは禁止されているくらいです。

 

シニアになると、若い頃に比べて筋力や体力、身体の柔軟性が著しく落ちていきます。当然そうなってくるとゴルフの飛距離も落ちます。飛距離が落ちればスコアが悪くなるのも当然ですね。

 

よく「ゴルフは飛距離ではなく正確性が大事」とは言いますが、同じ正確性なら一打目で少しでもボールが飛んだほうが有利です。無理してフルスイングしてラフに入ったりOBになったりするくらいなら、力を抜いて楽に振って飛距離が出る方がいいですよね。

 

それを可能にするのが「高反発ドライバー」なのです。

シニア層に人気の高反発ゴルフドライバーはこれだ!

ゴルフはたくさんのメーカーがあり、高反発ドライバーもたくさん出ています。どの高反発ゴルフドライバーがいいか分からない人も多いため、今シニア層に人気で話題の高反発ドライバーをご紹介したいと思います。

 

満足度90%で話題のHAYABUSA(ハヤブサ)!

HAYABUSA

  • 高く舞い上がって落ちない高弾道!
  • 「GEW」や「ゴルフダイジェスト」にも取り上げられた話題のドライバー!
  • 飛距離が落ちてきたときこそ使いたいドライバー!
  • 強度抜群のTi983チタン採用でより高い反発力を生み出すことに成功!
  • 力が無くても効率よく力を伝えられるドライバー!

高反発ゴルフドライバーの中でも特にお勧めなのがこの【HAYABUSA】です。もちろんすべての人が満足するということはないのですが、飛距離を追求した結果、スイングスピードがなくても飛距離がでるドライバーとなりました。

 

年齢とともに飛距離が落ちてきて悩んでいる場合は、まずはこのドライバーをお試しください。

 

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】

 

プロギア SUPER egg

プロギア SUPER egg

  • ルール適合外の次世代の高反発ゴルフドライバー!
  • ボールの変形量を小さくして飛ばす!
  • 高反発エリアが広く反発力も高い!
  • 軽量シャフトで軽量化を実現!

知る人ぞ知る金エッグドライバー。高い反発力と反発エリアが広いので、飛距離を出したいシニアに人気のドライバー。もちろんルール適合外なのでプライベートでのゴルフにしか使用できません。

 

HAYABUSAの次におすすめしたい高反発ドライバーです。

 

次世代の高反発ゴルフドライバー「金エッグ」はこちら

 

ハイパーブレード シグマ プレミア ドライバー

ハイパーブレード シグマ プレミア ドライバー

  • 最強のW高反発効果で抜群の飛距離を実現!
  • 80歳が302ヤードを魅せた究極のドライバー!
  • 高重心ハイバックセンターグラビティソール採用で無駄なスピン量を抑制!
  • 5プレスネオ鍛造シグマックスフェース採用で30ヤード以上の飛距離アップ!

シニアでも楽に飛距離を伸ばすことができるように設計されたのがこの「ハイパーブレード シグマ」です。無駄なスピン量が抑制されたので、強くて伸びのある弾道が出るようになります。

 

異素材ウエイトを専用レンヂで自由にカスタマイズでき、自分流の弾道を設定することができます。

 

最強のW高反発効果「ハイパーブレード シグマ」はこちら

ボールを遠くに飛ばしたい。ゴルフをやっていれば誰しもが思うことだと思います。そして、年齢とともに落ちていく飛距離・・・飛ばないから力を入れて振る。するとめちゃくちゃなスイングとなり、余計に飛ばないし、とんでもない方向へ飛んでしまう。うまくいなないものだからだんだんとゴルフがつまらなくなる。なんて悪循環はよくあります。すべては、遠くに飛ばしたいという思いからの力みが原因だと思います。では、なぜ力むと良くないのかを考えてみると、自分がよくやる力みでのミスは、右手の手首をインパクト時に手のひら側へまげてしまう(ボールを投げるときのスナップを使ってしまう)ことです。これは野球をやっていた人はよくやるミスで、こうすることでボールを投げるときは力が伝わるというイメージがあるからです。ただ、これをゴルフのスイングでやってしまうとまるっきり飛びません。インパクト時の右手の手首は手の甲側に少し折れているくらいがベストだと考えます。後は、腰の回転で振ることが大切です。腕を使うとどうしても体と腕とのバランスが悪くなり、飛距離、方向性もよくありません。そのため腰の回転の可動域を年齢とともに低下させないよう、ストレッチなどは毎日続けることが飛距離維持には大切です。ここ最近のゴルフクラブは力がなくてもとても飛ぶようにできています。特にシャフト選びをしっかり自分にあったものにすれば、落ちてきた飛距離もとりもどせるはずです。そのシャフトも力を入れて振ると飛ぶシャフトではなく、軽く振ってある程度飛び、インパクトのタイミングをつかみやすいものを選ぶのが良いと思います。ちなみに自分の考えは、ゴルフは遠くへ飛ばすスポーツではなく、方向性と距離感のスポーツだと思ってやっています。その方がスコアも良くなるし楽しいゴルフができます。